薬剤師国家試験の勉強法

薬剤師国家試験は、大変試験範囲が広いために勉強するときにはきちんと計画をたてておく必要があります。特に過去の問題から多く出されているのでそれをポイントとした勉強法を解説しています。

薬剤師国家試験の勉強法について

薬剤師国家試験,勉強法

薬剤師の資格を取得するには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。 この試験の問題数は240問あり、試験範囲は学ぶ科目から殆ど出ます。 試験範囲が広いため、勉強法をしっかりとたてないと中々合格は難しいです。 薬剤師国家試験のような国試には多くの問題が出る常用な分野と、あまり問題が出ないけど覚えることが多い分野があります。 そこで、勉強するときには重要度を意識しながらすると効率がよくなります。 出題傾向を知るには、過去の問題集が最も参考になります。 例えば、時間があまりないときには、衛生から薬理に薬物治療、実務から法規に有機、分析と出題数を考えながら計画をたてます。 試験は、過去の問題から20%からの出題があるといわれていて、過去の問題がそのまま出たり、選択肢の組み合わせが違っていても選択肢は、過去に出ているものがあります。 また、他にも過去の問題に似ている問題、過去の問題で問われたことのある部分について、違う角度から問う問題、新傾向問題があります。 そこで、重要なのが過去の問題を完全に理解して、問われた範囲の他の部分も勉強することです。 ポイントは、過去の問題の解説を含めた暗記と過去の問題の内容を深めておくことになります。 70

薬剤師国家試験に受かるためには

薬剤師国家試験,勉強法

薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格する必要があります。薬剤師国家試験に受かるためにはまず大学の薬学部に受かる必要があります。薬学部に入学し、6年間薬学を学んだ後はじめて受験資格を取得することができます。 薬剤師国家試験は簡単なものではないため、一年間の時間をかけて受験対策をする人がほとんどです。学生のときに受験をすることから仲間と一緒に受験勉強に励む人も少なくありません。そうすることで効率よく勉強することができ合格率を上げることができます。薬剤師の資格を取得した後は全国で勤務することができるため就職をすることが可能となります。また給料がいい仕事のため多くの人が自分で生活をすることができる収入を得ることができます。 薬剤師国家試験は一年に一度のため試験に落ちてしまうと次に試験をうけることができるチャンスが一年後となります。したがって一度で合格したいと思っている人は大勢います。そのためにはポイントをおさえて勉強をする必要があり過去にどのような問題が出たかということを調べる必要もあります。出題傾向を調べることでより合格するための勉強をすることができます。 大切なことは仲間と協力しあって勉強をすることです。 71

更新履歴

メニュー

サイトマップ

Copyright (C) 2014 薬剤師国家試験の勉強法 All Rights Reserved.

72